活動報告

みなさまからの寄付金を活用させていただきました

2012.07.13

「オリンピックデー・フェスタ in 大平」が開催

みなさまからの寄付金を「オリンピックデー・フェスタ in 大平」の開催費用の一部に使わせていただきました。

「オリンピックデー・フェスタ in 大平」でのひとコマ

震災により東北沿岸部では、多くのスポーツ施設が被災しました。岩手県も例外ではありませんでした。
現在、岩手県沿岸部で利用できる唯一のプールである「釜石市市民プール」で、5月13日(日)、「オリンピックデー・フェスタin大平」が開催されました。

「オリンピックデー・フェスタ in 大平」でのひとコマ

今回のオリンピックデー・フェスタは、小学生から高校生までのスイマーを対象にした水泳教室です。

集まった約130人のスイマーのお目当ては、この日のためにコーチ役として参加してくれたアテネオリンピック競泳女子800m自由形金メダリストの柴田亜衣さん、北京オリンピック競泳男子400mメドレーリレーの銅メダリスト宮下純一さん、同じく北京オリンピック競泳男子200mバタフライ代表の柴田隆一さんの3選手。

熱血指導と楽しい交流に子どもたちの笑顔が溢れました。

最後には、参加者をグループ分けし、チーム対抗リレーで盛り上がりました。閉会セレモニーでは、「いま、震災の影響で練習が限られていると思うけど、その分練習の質を上げて、水泳を思い切り楽しんで頑張ってください」と参加オリンピック選手を代表して、宮下純一さんが、子どもたちエールを送りました。

オリンピック選手に直接指導をしてもらった子どもたちは、「オリンピック選手と一緒のプールで泳げた」「すごく速かった」「釜石まで来てくれたことに感謝。サインしてもらったTシャツは一生洗えない」と興奮さめやらない様子でした。

この中から未来のオリンピック選手が生まれることを心から願っています。

■参加オリンピック選手(敬称略)■
柴田隆一、柴田亜衣、宮下純一(水泳/競泳)

「オリンピックデー・フェスタ in 大平」でのひとコマ
活動報告TOPへ戻る