活動報告

みなさまからの寄付金を活用させていただきました

2012.10.31

「オリンピックデー・フェスタ in 小中野」が開催

みなさまからの寄付金を「オリンピックデー・フェスタ in 小中野」の開催費用の一部に使わせていただきました。

「オリンピックデー・フェスタin小中野」でのひとコマ

10月27日(土)、青森県八戸市の八戸市立小中野中学校で「オリンピックデー・フェスタ in 小中野」が開催されました。今回のオリンピックデー・フェスタは、バレーボール教室です。全校生徒280人が見守る中、バレーボール部を中心に60人の生徒が参加しました。

「オリンピックデー・フェスタ in 小中野」でのひとコマ

バレーボール教室の講師は、2008年の北京大会に出場し、現役時代には、「ノブコフ205」の愛称で親しまれていた齋藤信治さん、バルセロナ大会、アトランタ大会に連続出場を果たした山内美加さん。
更にゲストとして、ロンドン大会で金メダルを獲得した地元出身のレスリング女子48キロ級の小原日登美さん、同じくロンドン大会で金メダルを獲得したレスリング男子フリースタイル66キロ級の米満達弘さん、北京大会の競泳男子メドレーリレーで銅メダルを獲得した宮下純一さんの総勢5人のオリンピアンが八戸市に集結しました。

バレーボール教室では、基本姿勢の大切さや、ボールにすばやく反応するための空間認知力を高めるためのトレーニング、トス練習、スパイクの打ち方など齋藤さんと山内さんが実演を交えながら子どもたちに分かりやすくレクチャーを行いました。
205cmの長身から繰り出される齋藤さんの迫力満点のスパイクに、会場から感嘆の声が上がりました。

「オリンピックデー・フェスタ in 小中野」でのひとコマ
「オリンピックデー・フェスタ in 小中野」でのひとコマ

最後には、各学年の選抜チームとオリンピアンチームが5点先取の試合形式で対戦しました。
バレーボール部で構成された男子3年生チームとオリンピアンチームの一進一退の攻防に、体育館に詰めかけた全校生徒の盛り上がりも最高潮に。5対4で男子3年生チームがオリンピアンチームを撃破した瞬間、会場がひとつになりました。

「オリンピックデー・フェスタ in 小中野」でのひとコマ

閉会式で、講師を務めた齋藤さんは、「みんな一生懸命に頑張っていた。いろいろなことにチャンレンジして夢に向かって頑張ってほしい」と中学生にエールを送りました。閉会式が終わると、オリンピアンと学生がハイタッチをしてお互いの健闘をたたえあいました。




■参加オリンピック選手(敬称略)
宮下純一(水泳/競泳)
齋藤信治、山内美加(バレーボール)
米満達弘、小原日登美(レスリング)

活動報告TOPへ戻る