活動報告

みなさまからの寄付金を活用させていただきました

2013.03.27

「オリンピックデー・フェスタin田老」が開催

みなさまからの寄付金を「オリンピックデー・フェスタ in 田老」の開催費用の一部に使わせていただきました。

「オリンピックデー・フェスタin田老」でのひとコマ

2月16日(土)、岩手県宮古市田老地区にあるグリーンピア三陸みやこで「オリンピックデー・フェスタin田老」が開催されました。会場の敷地内には、県内でも最大規模の約400戸の仮設住宅が立ち並んでいます。今回のオリンピックデー・フェスタには、市内の小学生だけでなく、仮設住宅にお住まいの方も参加し、オリンピック選手との触れ合いを楽しみました。

「オリンピックデー・フェスタ in 田老」でのひとコマ

この日、田老地区に集まったオリンピック選手は、ボクシングの須佐勝明さんと清水聡さん、トライアスロンの上田藍さんのロンドンオリンピックに出場した3人。
上田藍さんは、オリンピックデー・フェスタに初登場です。さらにスペシャルゲストとして、ロンドンパラリンピックの円盤投げに出場した地元岩手県出身の大井利江さんも会場に駆け付けてくれました。

「しっぽとり競争」でウォーミングアップした後は、オリンピックデー・フェスタでは、初めての種目となる「ゲートボール」を楽しみました。田老地区は、ゲートボールがとても盛んな地域です。
参加者のほとんどが、ゲートボール経験者。全国大会に出場したことのある子どもたちもいました。ゲートボールが初めての清水さんと上田さんは、子どもたちに教えてもらいながら試合を楽しんでいました。

「オリンピックデー・フェスタ in 田老」でのひとコマ
「オリンピックデー・フェスタ in 田老」でのひとコマ

子どもたちに負けない活躍をしたのが、須佐さんと大井さんです。須佐さんは、小・中学校でゲートボールクラブに所属し、東北大会で2位になったこともある実力者。15年ぶりのゲートボールでしたが、すぐに感覚を取り戻し、キャプテンとしてチームを牽引していました。
大井さんも今回の会場をホームに活躍するゲートボール愛好家です。長い距離もしっかりとゲートにボールを通していました。

「オリンピックデー・フェスタ in 田老」でのひとコマ

最後にチーム対抗の「綱引き」を行い、「オリンピックデー・フェスタin田老」は幕を下ろしました。閉会式では、オリンピック選手を代表して須佐さんが「ゲートボールもチームで団結することが大切。まだまだ大変な状況だと思いますが、みんなで団結して仲良く、楽しく過ごしてください」と子どもたちにエールを送りました。


■参加オリンピック・パラリンピック選手(敬称略)
清水聡、須佐勝明(ボクシング)
上田藍(トライアスロン)
大井利枝(パラリンピック陸上競技・円盤投)

活動報告TOPへ戻る