運営団体紹介

運営団体紹介

公益財団法人 日本オリンピック委員会

JOCの使命は、全ての人々にスポーツへの参加を促し、健全な肉体と精神を持つスポーツマンを育て、オリンピックムーブメントを力強く推進することにあります。

JOCは、オリンピックムーブメントの推進、オリンピックをはじめとする国際総合競技大会への日本代表選手団の派遣、選手の強化・育成を3本柱として諸事業を展開しています。

1911年にオリンピック競技大会参加の母体として大日本体育協会が設立されたのち、1989年には独立した法人として財団法人格を取得、2011年4月1日には公益財団へと移行しました。

⇒公式サイトへ

公益財団法人 日本オリンピック委員会

公益財団法人 日本財団

日本財団は、社会福祉・教育・文化などの活動、海や船にかかわる活動、海外における人道活動や人材育成の3つの分野を中心に事業を推進しています。

1962年に設立し、時代の要請と共に、国内の公益法人に対してだけでなく、NPO・ボランティア団体への支援、海外の協力援助活動など、幅広い公益活動に支援を行なっております。

JOCの東日本復興支援活動及び選手の育成・強化活動等への支援を通して、オリンピックムーブメントの最大化を目指しています。日本財団は、寄付文化の醸成をミッションとしているため、本プロジェクトの間接経費(クレジット決済に係るシステム利用料を除く)は全て日本財団が負担します。

⇒公式サイトへ

公益財団法人 日本オリンピック委員会